Alberto D'Innocenzo is an architect and an art teacher. He graduated with a degree in Architecture from the University of Florence, and has lived for more than thirty years there. His work as an interior designer in a prestigious artisan company allowed to become deeply familiar with the culture and tradition of Florentine craftsmanship, restoration techniques, and use of materials combining the knowledge of the most technical areas of the profession of architecture. Additionally, he is a teacher in the lower secondary school, where he teaches art history and artistic techniques. He collaborates with several important institutions in Florence, including the Museo dell'Opera del Duomo, the Osservatorio Mestieri d'Arte and the Comune di Firenze, where he has held numerous workshops for his students. “...I believe very much in the fact that our digital native children can develop an extraordinary dexterity and sensitivity for the use of materials and, through this, reach a greater awareness of themselves and their abilities".

アルベルト・ディンノチェンツォ

 

イタリア・フィレンツェに30年以上在住。

 

フィレンツェ大学建築学部を卒業後、建築家、美術の教師として活躍。

《 建築家・インテリアデザイナーとしての顔 》

アルチザン(芸術的美意識・技術を持つ手工芸職人)の文化や歴史、修復の技術、さらに多様な材料を取り入れたデザインを提案する事に定評がある。

近年はアメリカ・ニューヨークに出張する事が多く、イタリア人ファッションデザイナーの邸宅や、有名ブランドの店舗等を主に手がける。

《 美術教師としての顔 》

中学校の教師としては、美術史とテクニカルアートを教える。

更には、フィレンツェ市最高峰の組織である「職人アート工芸研究所」や、フィレンツェ大聖堂付属美術館、フィレンツェ市役所などで、教え子達のためにラボラトリーを運営。

《 父親としての顔 》

「情報化時代に育つ現代の子ども達。...私は、デジタルネイティブの子ども達に、器用に手を動かす事、また物と対話する感性を上げるプログラムを提供したい。それによって、彼らに自分の能力をより深く認識してもらう事ができる...と、信じています。」

 

あまり大声では言えないが、趣味は料理。

得意なメニューはスパゲッティボンゴレ!(と、本人は言っているが、彼が作る物は全て絶品!)

週末は家族やゲストの為に台所に立つ。

​保護者専用ページ
​パブリック
  • images-2_edited
  • hand-drawn-twitter-logo-icons-and-buttons_23-2147536533_edited
  • FB-thumb-l_edited
  • hand-drawn-instagram-logo-and-buttons_23-2147534325_edited

©2011-2018 New Generation Kids HQ